[開発サイト] [HOME] [入会案内] [IRCについて] [wiki] [CVS]

Tokyo Hacking Linux Users Group


IRCについて

thlugではwide系ircサーバにチャネルを開設し、昼間、夜間をとわずメンバの多くがいろいろな話題で話をしています。Hackの仕方等わからないことがある時は、リアルタイムで答がわかるかもしれません:-)
会話の内容等の制限はとくにありませんので気軽にjoinしてください

IRCサーバへの接続はIRCクライアントから行います。Linux上で動くIRCクライアントとしては Liecexchat等が有名です。

plumについて

"plumはIRCを楽しむためのソフトウェアです"と公式サイトに 書いてあるくらいなのでやっぱりつかわないと…ということで簡単に説明します。

なにが嬉しいかというともしも昼間いる場所のネットワーク環境が80番しかあいてないとかsshは通るけど6667番は通らない等の障壁がある場合(笑)ブラウザ経由でとかsshで自宅サーバにつないで等の手段をとることが可能です。また、チャネルのログ取りや友達へのなるとの配布の自動化などが出来ます。

インストールについてはパッケージ等を利用すると便利かと思います。debは公式パッケージとしてありますがrpmは見たことないので情報をおもちの方はご一報ください。

設定についてはDebianにて当方がおこなったことを紹介します。不十分な点等あるかもしれませんので参考程度にとどめてください。

まずはplum.confを作成します。配布されているtar.gzやdebでインストールした場合には/usr/share/doc/plum/examples以下に雛型が含まれているとおもいますので、必要があれば展開し~/plum/あたりにplum.confとしてコピーします。

plum.nick: kaepapa
plum.user: shige
plum.name: Shigeyuki INOUE
plum.server: irc.tokyo.wide.ad.jp:6664,6665,6666,6668,6669
plum.client: *:6667 password

まずはニックネーム等を設定します。plum.nick,plum.userそしてplum.nameにそれぞれ設定します。nickとuserは同じでも問題ないとおもいます。nameはIRCクライアントからユーザ情報を見たときに表示される名前になり、特に本名である必要はないと思います。plum.serverは接続するIRCサーバですので上記リストからネットワーク的に近いサーバを選択してください。plum.clientでは接続するport番号やパスワードを設定します。パスワードは他人がplumに接続してしまわないようちゃんと設定しましょう。IRCクライアントの接続設定のところにパスワードを設定する部分があると思います。

+ channel/join/connect.plm
channel.join.connect.channel: #thlug:*.jp

次にplumがIRCサーバに接続したとき、自動joinするチャネルを指定します。複数チャネルを設定するときはカンマで区切ります。

+ log/channel.plm
log.channel.directory: ~/plum/log
log.channel.file: thlug/%Y%m%d.log;jis #thlug:*.jp
log.channel.header: %H:%M
log.channel.mode: 0600
log.channel.command: privmsg,join,part,kick,invite,mode,nick,quit,topic

log.channel.directoryでログを保存するディレクトリを指定し、log.channel.fileでさらにディレクトリとファイル名、エンコードそしてチャネル名を設定しました。log.channel.modeで生成するログファイルのmodeを設定しておくと安全です。

おおよそこれくらいの設定で接続と簡単な設定はおわりです。詳細はドキュメントを参照してください


Shigeyuki INOUE
Last modified: Sat Nov 1 16:12:34 JST 2003